職務の現状と将来性

care and disabled people of the old man.ケアマネは、老人の介護や障害者の自立を適切に効率よく提供できるよう様々な業務をこなさなければなりません。そういった厳しい労働環境や、決してよいとはいえない給与環境などがネックとなり、離職率が多い職種でもあります。昨年のケアマネの平均年収は369万円と、福祉介護関連の産業内では比較的高額な部類にはいります。しかし、大部分のケアマネが介護福祉士や看護師などを兼任して副収入を得ており、純粋にケアマネの業務のみからの収入ではないのが実際です。しかし、近年においてはケアマネに望まれるものが業務の量の多さよりも質の高さへと移り変わりつつあり、優れたケアマネは引く手数多といわれています。さらに今後高齢化が加速的に進むことで需要は大幅に高まると予想され、ケアマネは将来性がある職種であると考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *