現代の高齢化社会

介護の今

介護という言葉を最近ではよく耳にします。介護と一言で言っても、今の日本では様々な問題が取り上げられています。少子化問題を始め、高齢化社会、介護職員の人手不足など、数えたらキリがないのが今の日本の介護の現状です。こうやって今の現状を一つずつ挙げていっても気が滅入るほど数々の問題があります。介護とは、年々年を重ねるにつれ体の機能が低下する高齢者のために、介護職員の方達が向上を図りながらお世話をすることを言います。

 

介護難民の危険

現在の日本の社会問題として、 身寄りのない高齢者にとって介護のサービスが必要なのに、高齢施設や在宅でも介護サービスを受けられないお年寄りの人が多い、介護難民が問題となっております。このような介護難民の問題を解決するにはどうしたらいいでしょうか?

介護ロボットの今後

現在、介護ロボットの開発と販売が進んでおり、介護ロボットが私たちにとって身近な存在になってきております。

介護ロボットは、介護事業を提供している会社、また介護サービスを受けたい家族に対して、介護の負担を軽減する効果が期待されています。以前からこの介護ロボットは注目されており、ここでは介護ロボットの現状と今後の展開について解説していきたいと思います。

ケアマネージャーの本音

ケアマネージャーとは、高齢者の介護を全面的にサポートする大事な存在です。介護保険に関する知識もあり、現場のことを把握しているいる人です。高齢者が介護生活を安心して送れるようにサポートをしてくれるのです。しかし介護ケアをする反面、給料が安いという現場の声もあるのが事実です。

老老介護・認認介護

年々、少子化、高齢化を迎える日本において、高齢者を高齢者が介護する“老老介護”は今の日本において、当たり前の状況になってきました。さらに、認知症高齢者が同居する認知症高齢者の介護を行う“認認介護”も老老介護と同じくらい近年増えてきているのです。現在問題になっている認認介護ととうとう介護について理解をする必要があります。

高齢者虐待の事実

厚労省の発表によると、高齢者虐待は増えており、2012年度にはおよそ1万5千件の被害が出ております。

高齢者と介護者にとって最悪の事態を招かないように、高齢者虐待を防止するべく、社会体制の構築などについて考えるようにするべきです。

高齢者の孤立・孤独死について

一人暮らしをしている高齢者の数は年々増加しており、現状日本では65歳以上の高齢者のうち男性で10人に1人、女性は5人に1人が一人暮らしをしています。多くの高齢者が直面している社会からの孤立や孤独死といった問題は深刻になってきています。

介護離職の増加

厚労省の発表によると、介護を理由に介護職をやめた人は2012年度で 10万人以上にものぼっています。

問題の解決策

介護職の離職も問題ではありますが、年々高齢者が増えてきている中、どのような解決策を見いだせるでしょうか?認知症の方は他の高齢者とコミュニケーションを図ったり、散歩をしたりするのも良いですが、当然頭を使った運動をするのこともお勧めいたします。例えばパチンコ店に行ったり、オンラインカジノで脳を活性化したりと、脳を使うことを目的にすることもお勧めいたします。インターネット環境さえ整っていれば、スマホやタブレットからでもオンラインカジノで遊べるので、寒い冬に、脳の筋トレをしたいなら、家の中でできるオンラインカジノをお勧めいたします。