ケアマネ受験資格1

Keamane exam qualificationケアマネになるためには、一般的に「ケアマネジャー試験」とよばれる「介護支援専門員実務研修受講試験」にまず合格しなければなりませんが、この試験を受けるには、一定の条件を満たしていることが要求されます。その条件とは、「法定資格」「相談援助業務」「介護等業務」のいずれかに一定期間以上従事した経験があるかどうか、ということです。1つめのカテゴリーの「法定資格」では、医師、薬剤師、看護師、福祉士、栄養士など、保険、医療、福祉に関する特定の法定資格の獲得が義務づけられている業務を指し、受験資格を得るには、これらの業務に5年以上従事している必要があります。なお、実務時間の計算には常勤、非常勤、パート等の形態は問われません。試験の前日までに規定の期間を満了していれば試験を受ける事が出来ます。残りの2つの業務グループについては、次ページで詳しく説明します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *