職務の現状と将来性 0

ケアマネは、老人の介護や障害者の自立を適切に効率よく提供できるよう様々な業務をこなさなければなりません。そういった厳しい労働環境や、決してよいとはいえない給与環境などがネックとなり、離職率が多い職種でもあります。昨年のケアマネの平均年収は369万円と、福祉介護関連の産業内では比較的高額な部類にはいります。

ケアマネの業務その2 0

ケアマネの業務で要介護認定申請の代行やケアプランの作成とならんで大切なのが、介護のモニタリングです。たとえ介護認定申請がうまくゆき、完璧なケアプランを立てられたとしても、ケアサービスが計画通りきっちりと適切に提供されなければ、介護としてはなんの意味もありません。

ケアマネの業務その1 0

合格率10%台といわれる厳しい実務研修受講試験に合格したからといって、ケアマネの資格を授与されすぐに仕事に就ける、というわけではありません。

ケアマネ受験資格3 0

前ページからの「介護支援専門員実務研修受講試験」の受験資格の条件についてです。最後のカテゴリーの「相談援助業務」は、老人福祉施設や障害者支援施設、福祉事務所、または医療機関における医療社会事業などにおいて

ケアマネ受験資格2 0

前ページから引き続き「介護支援専門員実務研修受講試験」の受験資格の条件について詳しく説明します。ここで一つ補足ですが、受験資格は、前ページで紹介した3つのカテゴリーのいずれか1つを満たしていれば資格があるとみなされます。

ケアマネ受験資格1 0

ケアマネになるためには、一般的に「ケアマネジャー試験」とよばれる「介護支援専門員実務研修受講試験」にまず合格しなければなりませんが、この試験を受けるには、一定の条件を満たしていることが要求されます。

ケアマネになるには 0

ケアマネになるためには試験に合格し、資格を獲得しなければなりません。試験を受けるにはまず受験資格を満たす必要がありますが、これについては詳しく次のページで紹介します。

ケアマネとは 0

もっぱら「ケアマネ」といった略称が主に使用されていますが、これは「ケアマネージャー」をさすもので、日本語に直すと「介護支援専門員」といった名称となります。